駅のレタス:日本の鉄道が屋内で野菜の栽培

JapanNutrition.com -- May 07
慌ただしく通勤客が次の電車に乗ろうと東京駅を駆け抜ける。しかしまずは、店に立ち寄って、新鮮なレタスの手に入れましょう。実に新鮮、実際、それらは最適な条件下で育てられるように技術を使用して、駅のすぐそばで栽培されているのです。

東京エリアの鉄道事業者であるJR東日本は間もなくこれを可能にするでしょう。ーー屋内農業ブームへの投資により駅をより環境に優しいものにするのです。

東日本旅客鉄道として知られる同社は、鉄道事業者を投資家として重視するドイツのスタートアップ企業Infarmから、屋内で野菜を栽培するというアイデアを取り入れる。Infarmは、日本の食料品チェーンサミットと提携して、グローライトを使用して農産物を栽培し、オンサイトで販売しています。

東京都足立区のサミットストアでは、1月からレタスなどの野菜を巨大なケースで栽培しています。レタス1個あたり213円(1.94ドル)で、屋外で栽培したレタスのほぼ2倍の価格ですが、新鮮さをセールスポイントにしています。

Infarmはまた、JR東日本の高級スーパー子会社である紀伊國屋が運営する店舗内に屋内農場を建設しました。現在、東京エリアにあるサミットと紀伊國屋の合計5店舗がこれらの農場を運営しています。

現在、JR東日本は駅構内でのショッピングセンターの事業拡大を検討しています。Infarmが提供する機器は、大規模な温室がスペースを占有しないように分散して設置できます。

屋内農業は、世界中で使用される水の70%を占める従来の農場の生態学的影響を制限する方法として人気が高まっています。地球温暖化と砂漠化は、将来耕作可能な土地の面積を減少させるでしょう。

農場を屋内に移すことは、農業を維持する方法と見なされています。自動制御のおかげで、それらの施設で消費される水の量を抑えることができます。農地が限られているシンガポールのような都市化された場所で、壁に作物を栽培する垂直農法は、食糧を栽培するための大量のスペースを確保することができます。

Infarmによれば、同社は屋外農場よりも95%少ない水のみの消費をし、わずか2平方メートルのスペースで、農場250平方メートルに相当する収量を生み出すことができるとのことです。